• 水. 10月 5th, 2022

FPマネースクール

お金に詳しくなれる!

「特定の居住用財産の買換え特例」について、買換資産の取得の相手方が、親族である場合でも、「本特例」の適用を受けることができますか?

建物および土地を譲渡し、買い替え資産を取得して直ちに居住の用に供した場合における「特定の居住用財産の買換え特例」について、買換資産の取得の相手方が、親族である場合でも、「本特例」の適用を受けることができますか?

建物および土地を譲渡し、買い替え資産を取得して直ちに居住の用に供した場合における「特定の居住用財産の買換え特例」におえる買換資産について、取得の相手方についての制限はありません(租税特別措置法第36条の2)

従って、「特定の居住用財産の買換え特例」について、買換資産の取得の相手方が親族である場合でも、「本特例」の適用を受けることができます。

吉田 剛

担当 FPマネースクールサイトQ&A執筆 資格 2級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)、宅地建物取引士資格者 早大法卒

PAGE TOP