(7)金融派生商品

項 目

イ デリバティブ取引とは

ロ 先物取引・先渡取引

ハ オプション取引の種類と損益

ニ 裁定・ヘッジ・スペキュレーション取引

ホ デリバティブ取引のメリットとリスク

イ デリバティブ取引とは

金利、為替、株式、債券などの金融商品から派生した金融商品を
取引するもののです。

先物取引先渡取引オプション取引スワップ取引等があります。

デリバティブは金融派生商品のことをいいます。

ロ 先物取引・先渡取引

項 目

(イ) 先物取引

(ロ) 先渡取引

(イ) 先物取引

将来の予め定められた期日に、取引の対象とした商品(原資産)を
現時点で決めた価格で、売買する事を約束する取引で、
取引所が介在する取引所取引です。

債券先物取引
株価指数等先物取引
有価証券等のオプション取引
金融先物取引

などがあります。

(ロ) 先渡取引

フォワード(forward)と呼ばれ、
買い手と売り手の個別交渉による相対取引(店頭取引)で
契約した日に契約した資産を
あらかじめ決めた金額で
売買することを約束する取引のことです。

流動性が低く取引先の信用リスクがあります。

原則、満期日に現物で決済されますが、差金決済の場合もあります。

ハ オプション取引の種類と損益

項 目

(イ) オプション取引の種類

(ロ) オプション取引の損益

  ・コールの場合

  ・プットの場合

(ハ) プレミアム(オプション料)の変動の特徴

(イ) オプション取引の種類①

将来の定められた日に

特定の商品を契約した価格で売買する権利の取引

ヨーロピアンタイプとは、

 権利行使が満期日に限定されているタイプです。

アメリカンタイプとは、

 権利行使が満期日に限らずいつでもできるタイプです。

オプション取引には次の2種類があります。

コール・オプション取引は、買うことができる権利の売買です。

プット・オプション取引は、売ることができる権利の売買です。

(イ) オプション取引の種類② 買い手と売り手

コール・オプション取引、プット・オプション取引とも買い手と売り手がいます。

買い手

 コールもプットも権利の購入であって権利を行使する義務は課されません。

 有利なら権利を行使し、不利なら自動的に権利が放棄されます。

売り手

 オプション料として収入を得ることができるメリットがあります。

 買い手の権利行使に対してどんなに不利でも応じる義務があります。

 損失が無限大になるので注意が必要です。

(ロ) オプション取引の損益① コールの場合①

コール・オプション取引の買い手と売り手の違いについて、

1 コールの買い手とは、

  ○買う権利の保有者なので満期日に買う価格より値上がりしていれば有利な者です。

   ・満期日に値上がりしていれば

    買う権利を行使して値上がり分に対応する利益を受け取れます。

   ・満期日に値下がりしていれば

    買う権利を行使して買っても値下がりした分の差額が損失となるので権利放棄します。

(ロ) オプション取引の損益② コールの場合②

コール・オプション取引の買い手と売り手の違いについて

 コールの売り手とは

  ○取引時にオプション料を受け取れるが買い手に対して差金を支払う義務を負う者

   ・満期日に値上がりしていれば、 買う権利の保有者は権利を行使する
ので上限なく差金を支払う義務があります

   ・満期日に値下がりしていれば

    買う権利の保有者は権利を放棄するので何も対応することはなくなります。

(ロ) オプション取引の損益③ プットの場合①

プット・オプション取引の買い手と売り手の違いについて

1 プットの買い手とは

  ○売る権利の保有者なので満期日に売る価格より値下がりしていれば有利な者です。

   ・満期日に値上がりしている場合

    売る権利を行使して売っても値上がりした分との差額が損失となるので権利放棄します。

   ・満期日に値下がりしている場合

    売る権利を行使して値下がり分に対応する利益を受け取れます。

(ロ) オプション取引の損益④ プットの場合②

プット・オプション取引の買い手と売り手の違いについて

2 プットの売り手とは、

  ○取引時にオプション料を受け取れるが買い手に対して差金を支払う義務を負う者です。

   ・満期日に値上がりしている場合

    売る権利の保有者は権利を放棄するので何も対応することはなくなります。

   ・満期日に値下がりしている場合

    売る権利の保有者は権利を行使するので上限なく差金を支払う義務があります

(ハ) プレミアム(オプション料)の変動の特徴について

・原資産価格が上昇するほど、コールプレミアムは上昇し、プットプレミアムは下落します。

・満期までの残存期間が長いほど、コールプレミアムは上昇し、プットプレミアム上昇します。

・ボラティリティ(価格変動)が大きいほど、コールプレミアムは上昇し、

 プットプレミアムは上昇します。

・原資産の時価からみて、権利行使価格が高いほど、コールプレミアムは下落し、

 プットプレミアムは上昇します。

・短期金利が上昇するほど、コールプレミアムは上昇し、プットプレミアムは下落します。

ニ 裁定・ヘッジ・
スペキュレーション取引

項 目

(イ) 裁定取引

(ロ) ヘッジ取引

(ハ) スペキュレーション取引

(イ) 裁定取引とは、

・同じ価値を持つ商品について、一時的な価格差を利用した取引のことをいいます。

・理論価格よりも高くなっている割高な先物を売却すると同時に

 現物を購入することを裁定買いといいます。

・理論価格よりも低くなっている割安な先物を購入すると同時に

 現物を売却することを裁定売りといいます。

・利益を確定するために反対売買を行うことを裁定解消と呼びます。

・裁定解消の際に行われる現物の売りのことを裁定解消売りといいます。

・株価指数等の現物価格と先物価格を利用した取引のほか

 為替、金利、商品(コモディティ)などさまざまな市場で行われています。

(ロ) ヘッジ取引とは、

・現物市場と反対の取引を先物市場で行い

 現物市場で発生する価格変動リスクを

 先物市場で発生する損益で相殺することにより回避する取引のことです。

・例えば、現物株を保有している者が

 今後の株価が下落すると予想する場合において

 現物株を売却せずに先物を売り建てることにより

 現物株に発生する評価損を先物から発生する利益で

 相殺する取引などがあります。

(ハ) スペキュレーション取引とは、

・積極的なキャピタルゲインの取得を目的とした取引のこと

・短期間の価格変動で生じる差益を狙って行う取引のことをいいます。

・為替、株式、コモディティ、先物、オプション等の市場で行われています。

・ハイリスク・ハイリターンな取引のため、投機取引とも言われています。

・スペキュレーション取引をおこなう投資家をスペキュレーターといいます。

ホ デリバティブ取引の
メリットとリスク

ホ デリバティブ取引のメリットとリスクについて

デリバティブ取引のメリット

1 リスクヘッジ

  ヘッジ取引で説明したとおり、現物株式の下落リスクに対して、先物を売る

  ことによりリスクを回避できます。

2 流動性の向上

  ヘッジ取引で説明したとおり、現物取引のほかに、裁定取引などが加わっています。

デリバティブ取引のデメリット

1 相場の変動幅が拡大します。

  相場が急騰、急落させる要因になっているといわれています。

2 透明性が困難

  取引内容が専門的であり一般投資家にとって難解なため、透明性の確保が困難です。