イ 債券のあらまし

(イ) 債券とは
(ロ) 債券の種類

債券は、国や企業などが、
お金を借りる際に発行する証書
ということができると思います。

債券には、
国が発行する国債
地方公共団体が発行する地方債
会社が発行する社債
金融機関が発行する金融債
といったものがあります。

債券は、
原則として、満期日になると
証券に記載された額面金額である
償還金を受け取ることができます。

なお、満期までの期間中に
一部又は全額の償還金を受け取れるものもあります。

また、
債券は満期の前であっても
その時の市場価格で売却することが可能です。

なお、
債券の取引は取引所よりも、証券会社や金融機関などの
店頭における取引の方が多くなっています。

債券の種類には、
定期的に利払いがある利付債というものがあり、

この利付債には、更に、
あらかじめ利率が決まっている固定利付債
一定期間ごとに利率の見直しが行われる変動利付債
があります。

そして、利付債に対するものとして
利子分があらかじめ差し引かれた価格で発行され
満期に額面金額が支払われる割引債というものがあります。

なお、
新たに発行される債券は新発債(しんぱつさい)
既に発行されて市場で売買されている債券は既発債(きはつさい)
と呼ばれています。