不動産の鑑定方法について、不動産をあるがままの状態で評価することが多いですが、場合によっては、建物の存在を前提として、土地のみを評価したり、建物をないものとして、土地のみを更地として評価することもありますか?

不動産の鑑定方法について、不動産をあるがままの状態で評価することが多いですが、場合によっては、建物の存在を前提として、土地のみを評価したり、建物をないものとして、土地のみを更地として評価することもありますか?
通常は、不動産をあるがままの状態で評価しますが、一定の条件で建物の存在を前提とした建付け地としての評価(部分鑑定評価)や建物がないものとした更地としての評価(独立鑑定評価)が行われます。

Follow me!

投稿者プロフィール

FP吉田
FP吉田FPマネースクール 研究部 研究員
担当:マネープラン及び相続の相談、FPマネースクールサイトのQ&A作成
資格:2級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)、宅地建物取引士資格者
早大法卒