土地に抵当権設定登記後に建物が建設された場合、土地とともに建物も一括して競売することができますか?

土地に抵当権設定登記後に建物が建設された場合、土地とともに建物も一括して競売することができますか?

抵当権の設定後に抵当地に建物が建造されたときは、抵当権者は土地とともにその建物を競売することができる。

ただし、その優先権は、土地の代価についてのみ行使することができるとされています(民法第389条第1項)。

従って、土地に抵当権設定登記後に建物が建設された場合、土地とともに建物も一括して競売することができます。

投稿者プロフィール

吉田 剛
吉田 剛一般社団法人FPマネースクール 代表理事、税理士事務所ファイナンシャルプランナー
担当
FPマネースクールサイトQ&A執筆
資格
2級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)、宅地建物取引士資格者
早大法卒