後見開始の審判がされると、成年被後見人が成年後見制度を利用していることや、成年後見人の権限の範囲などの情報が登記され、成年被後見人となったことは、その者の戸籍には記載されないことになりますか?

後見開始の審判がされると、成年被後見人が成年後見制度を利用していることや、成年後見人の権限の範囲などの情報が登記され、成年被後見人となったことは、その者の戸籍には記載されないことになりますか?
成年後見人制度においては、戸籍への記載に代わる新たな公示制度として、後見登記ファイルによる成年後見登記制度が採られています。

従って後見開始の審判がされると、成年被後見人が成年後見制度を利用していることや、成年後見人の権限の範囲などの情報が登記されますが、成年被後見人となったことは、その者の戸籍には記載されません。