負担付遺贈については、受遺者が一定の義務を負担することになるため、遺言者と受遺者が、遺言者の生前にその内容について合意する必要がありますか?

負担付遺贈については、受遺者が一定の義務を負担することになるため、遺言者と受遺者が、遺言者の生前にその内容について合意する必要がありますか?
受遺者に対して
一定の法律上の義務を負担させる遺贈を
負担付き遺贈といいます。

負担付き遺贈を受けた者は、
遺贈の目的の価額を限度として、
負担した義務を履行しなければなりません。

このように、受遺者は、義務を負うことになりますが、
負担付き遺贈であっても
遺言者の単独行為であることに変わりないことから、
遺贈者と受遺者との間において
負担付遺贈について生前に合意する必要はありません。

Follow me!

投稿者プロフィール

吉田 剛
吉田 剛FPマネースクール 研究部 研究員
担当:マネープラン及び相続の相談、FPマネースクールサイトのQ&A作成
資格:2級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)、宅地建物取引士資格者
早大法卒
最新の投稿
PAGE TOP