買主との売買契約において手付金を受領したとき、その後に手付金の保全措置を講じればよいですか?

宅地建物取引業者は、買主との売買契約において手付金を受領したとき、その後に手付金の保全措置を講じればよいですか?
宅地建物取引業者は、一定の場合を除き、保全措置を講じた後でなければ、買主から手付金を受領することができません。

Follow me!

投稿者プロフィール

吉田 剛
吉田 剛FPマネースクール 研究部 研究員
担当:マネープラン及び相続の相談、FPマネースクールサイトのQ&A作成
資格:2級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)、宅地建物取引士資格者
早大法卒

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

PAGE TOP