• 水. 10月 5th, 2022

FPマネースクール

お金に詳しくなれる!

賃借契約の存続期間が満了する前に建物が滅失し、無断で建物を再築した場合ときに、貸主は借主に対し、借地契約を解除することができますか?

賃借契約の存続期間が満了する前に建物が滅失し、無断で建物を再築した場合ときに、貸主は借主に対し、借地契約を解除することができますか?

増改築禁止の特約がない限り、存続期間内に建物が滅失したときは、借地権者は、借地上の建物を再築することができるとされています(借地借家法第第7条)。

従って、賃借契約の存続期間が満了する前に建物が滅失し、無断で建物を再築した場合ときに、貸主は借主に対し、借地契約を解除することはできません。

 

吉田 剛

担当 FPマネースクールサイトQ&A執筆 資格 2級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)、宅地建物取引士資格者 早大法卒

PAGE TOP