• 水. 11月 30th, 2022

FPマネースクール

お金に詳しくなれる!

月: 2022年11月

  • ホーム
  • 借地借家法の規定について、借地権者が借地権とその土地上の建物を譲渡する場合、借地権を譲渡しても借地権者設定者に不利となる恐れがないのにもかかわらず、借地権設定者がその譲渡を承諾しないときには、裁判所が借地権者の申立てにより、借地権設定者の承諾に代わる許可を与えることができますか?

借地借家法の規定について、借地権者が借地権とその土地上の建物を譲渡する場合、借地権を譲渡しても借地権者設定者に不利となる恐れがないのにもかかわらず、借地権設定者がその譲渡を承諾しないときには、裁判所が借地権者の申立てにより、借地権設定者の承諾に代わる許可を与えることができますか?

建物の所有を目的とする土地の賃貸権に係る借地借家法の規定につ…

建物の所有を目的とする土地の賃貸権に係る借地借家法の規定について、借地権者が地代の減額請求をして、借地権設定者との協議が調わない場合、借地権設定者は、減額を正当とする裁判が確定するまでは、相当と認められる額の地代等の請求をすることができますか?

建物の所有を目的とする土地の賃貸権に係る借地借家法の規定につ…

建物の所有を目的とする土地の賃貸権に係る借地借家法の規定について、借地権設定契約に増改築を制限する特約があり、土地の通常の利用上、相当とされる増改築について借地権設定者から承諾が得られないときは、借地権者は借地権設定者に代わる裁判所の許可を得て増改築を行うことができますか?

建物の所有を目的とする土地の賃貸権に係る借地借家法の規定につ…

建設協力金方式では、不動産所得の計算上、建物の減価償却費は賃貸借契約期間を耐用年数として、計算した金額を必要経費とすることができますか?

建設協力金方式では、不動産所得の計算上、建物の減価償却費は賃…

借地借家法の普通借地権について、借地権設定者が借地契約の更新を拒絶するためには正当な事由が必要とされていますが、立ち退き料等の財産上の給付も正当な事由の判断材料の一つとされますか?

借地借家法の普通借地権について、借地権設定者が借地契約の更新…

固定資産の交換の特例の要件について、交換により2つ以上の土地を取得した場合において、その取得した土地のうち1つについて譲渡直前と同一の用途に供しなかったものがあるときは、当該交換の全部について固定資産の交換の特例が適用されないことになりますか?

固定資産の交換の特例の要件について、交換により2つ以上の土地…

固定資産の交換の特例の要件について、交換の相手が交換した資産を交換後すぐに売却した場合、特例の適用を受けることができますか?

固定資産の交換の特例の要件について、交換の相手が交換した資産…

固定資産の交換の特例の要件について、「土地および建物」と「土地および建物」を同時に交換した場合、土地と土地および建物と建物の価額がそれぞれ異なっていても、全体の時価の合計額が等価ならば、そのほかの要件を満たしている限り、固定資産の交換の特例の適用が受けられますか?

固定資産の交換の特例の要件について、「土地および建物」と「土…

固定資産の交換の特例の要件について、当事者間において合意された資産の価額が、交換するに至った事情等に照らし合理的に算定されていると認められるものであるときは、通常の取引価額と異なる時でも、その合意された価額によることができますか?

固定資産の交換の特例の要件について、当事者間において合意され…

PAGE TOP