「 事業計画 」一覧

テナントの退出時に返還を要する敷金等の一時金の返済時期は、通常は後継のテナントから敷金等の預託を受けた時点とされているため、事業計画等において返還の資金を別途用意する必要はありませんか?

テナントの退出時に返還を要する敷金等の一時金の返済時期は、通常は後継のテナントから敷金等の預託を受けた時点とされているため、事業計画等において返還の資金を別途用意する必要はありませんか?

テナントの退出時に返還を要する敷金等の一時金の返済時期は、通常は後継のテナントから敷金等の預託を受けた時点とされているため、事業計画等にお...

賃貸店舗の場合には、立地だけでなく、仕上げや構造等の建物本体や設備の内容によっても、テナントの売り上げが大きく変動する可能性があるので、事業計画の初めから借り受け希望のテナントがあるときは、当該テナントとの協議を行いつつ、仕上げや設備等の負担区分に関する負担区分を決める必要がありますか?

賃貸店舗の場合には、立地だけでなく、仕上げや構造等の建物本体や設備の内容によっても、テナントの売り上げが大きく変動する可能性があるので、事業計画の初めから借り受け希望のテナントがあるときは、当該テナントとの協議を行いつつ、仕上げや設備等の負担区分に関する負担区分を決める必要がありますか?

賃貸店舗の場合には、立地だけでなく、仕上げや構造等の建物本体や設備の内容によっても、テナントの売り上げが大きく変動する可能性があるので、事...

既存ビルの窓、床、天井および壁などの断熱工事等の省エネルギー改修工事を行った場合は、水道光熱費の削減や賃料の上昇により、工事の効果として、直ちに事業収支が改善しますか?

既存ビルの窓、床、天井および壁などの断熱工事等の省エネルギー改修工事を行った場合は、水道光熱費の削減や賃料の上昇により、工事の効果として、直ちに事業収支が改善しますか?

不動産証券関係の用語について、ノンリコースローンとはどのようなものですか?既存ビルの窓、床、天井および壁などの断熱工事等の省エネルギー改修...

貸しビルの事業計画においては、その立地や地域のいかんにかかわらず、建築基準法で許容される延べ面積の限度まで建築し、共有部分はできるだけ狭くし、賃貸できる面積を確保するという方法が重要となりますか?

貸しビルの事業計画においては、その立地や地域のいかんにかかわらず、建築基準法で許容される延べ面積の限度まで建築し、共有部分はできるだけ狭くし、賃貸できる面積を確保するという方法が重要となりますか?

貸しビルの事業計画においては、その立地や地域のいかんにかかわらず、建築基準法で許容される延べ面積の限度まで建築し、共有部分はできるだけ狭く...

PAGE TOP