「 教育資金 結婚・子育て資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税 」一覧

子(長女)が結婚資金特例の適用を受けた後、結婚・子育て資金管理契約が終了するまえに親が死亡した場合、非課税拠出額から結婚・子育て資金支出額を控除した残額があっても、その残額については、相続または贈与税の課税対象になりませんか?

子(長女)が結婚資金特例の適用を受けた後、結婚・子育て資金管理契約が終了するまえに親が死亡した場合、非課税拠出額から結婚・子育て資金支出額を控除した残額があっても、その残額については、相続または贈与税の課税対象になりませんか?

子(長女)が結婚資金特例の適用を受けた後、結婚・子育て資金管理契約が終了するまえに親が死亡した場合、非課税拠出額から結婚・子育て資金支...

授与者が教育資金特例の適用を受けた後、教育資金管理契約が終了する前に贈与者が死亡した場合、非課税拠出額から教育資金支出額を控除した残額がある場合、その残額については、授与者が贈与者から相続または遺贈により取得したものとみなされ、相続税の課税対象になりますか?

授与者が教育資金特例の適用を受けた後、教育資金管理契約が終了する前に贈与者が死亡した場合、非課税拠出額から教育資金支出額を控除した残額がある場合、その残額については、授与者が贈与者から相続または遺贈により取得したものとみなされ、相続税の課税対象になりますか?

授与者が教育資金特例の適用を受けた後、教育資金管理契約が終了する前に贈与者が死亡した場合、非課税拠出額から教育資金支出額を控除した残額...

教育資金特例および結婚資金特例ともに、特例の適用を受けるためには、資金の一括贈与を受けた年の翌年2月1日から3月15日までの間に贈与税の申告書を提出する必要がありますか?

教育資金特例および結婚資金特例ともに、特例の適用を受けるためには、資金の一括贈与を受けた年の翌年2月1日から3月15日までの間に贈与税の申告書を提出する必要がありますか?

教育資金特例および結婚資金特例ともに、特例の適用を受けるためには、資金の一括贈与を受けた年の翌年2月1日から3月15日までの間に贈与税...

PAGE TOP