中小企業オーナーのファイナンシャル・プランニングの概要

自社株対策の疑問が解決

 自社株対策の疑問が解決します。
 例えば、自社株の評価額、株主構成の見直し、自社株の評価額を引き下げる対策、自社株の贈与や譲渡、種類株式の評価方法、役員退職金の支給等について理解することができます。

オーナーの資産承継の疑問が解決

 相続税評価額と相続税額の概算の疑問が解決します。
 順番としては、まず資産の相続税評価額の概算を算出し、概算の相続税額を把握します。その上で、家族のライフプランを踏まえた遺産分割方法の疑問が解決します。

不動産投資・処分の疑問が解決

会社所有の不動産、遊休土地の活用方法や処分及びオーナー個人所有の土地活用や処分等の疑問が解決します。

法人・個人間の借地権・貸宅地の疑問が解決

 法人・個人間の借地関係の疑問が解決します。
 例えば、社長個人所有の土地に法人の建物が建設されるケースが多いですが、税務署への届出が必要な場合もあることが分かります。

自己株式の疑問が解決

 会社が自己株を取得することの効果についての疑問が解決します。
 会社が自社の株式を取得することにより、株式を売却した個人は相続税の納税資金等にあてる金銭を取得することができます。
 個人が株式を発行会社に売却した場合、取得した金銭の一部がみなし配当として、配当とみなされる場合があること、相続があった場合等一定の場合には、このみなし配当が譲渡所得として一定の税率で課税される特例があることが分かります。
 なお、会社が取得した株式は金庫株と呼ばれています。

退職金の疑問が解決

 会社が役員等の退職金を支払った場合の効果についての疑問が解決します。
 例えば、会社が退職金を支払うことにより株式の評価を下げる効果が期待できます。また、退職金を相続税の納税資金に当てることも可能となりますし、遺産分割の際には分割が容易な財産として確保することができます。

役員保険の疑問が解決

 会社が役員に保険をかける効果についての疑問が解決します。
 例えば、会社が役員に保険を掛けることにより、保険料を支払っている間は一定の金額が損金に算入されたり、満期保険金を取得した場合には、その金銭を退職金の原資にすることにより法人税の課税を減額することが分かります。

配偶者への居住用財産の贈与の特例の疑問が解決

 配偶者に居住用財産を贈与した場合の効果について疑問が解決します。
 例えば、婚姻後20年以上経過している場合、配偶者に対して居住用財産を贈与した場合、2千万円までは贈与税がかからない特例があります。また、贈与税の基礎控除が110万円ありますので、合計して2,110万円までは贈与税がかからない特例があります。生前にこの特例を使うことにより、相続財産を減らす効果があることが分かります。

遺産分割での紛争防止対策の疑問が解決

 遺産分割での紛争防止策についての疑問が解決します。
 例えば、遺言を作成することにより、遺産分割の際に紛争が起きる可能性を軽減することができます。
 遺言には、一般的に、①自筆証書遺言、②公正証書遺言、③秘密証書遺言の3種類があります。
 この3種類の違いとメリットデメリットの疑問が解決します。

事業譲渡・会社分割・合併等の効果の疑問が解決

 事業譲渡、会社分割、合併等の効果についての疑問が解決します。
 例えば、子供が出資した会社に収益力のある事業を譲渡することにで、株価を引き下げることが可能となること等が分かります。

税負担対策

 税負担対策の疑問が解決します。
 繰越欠損期の繰越期間や交際費の金額基準等が分かります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

PAGE TOP