• 水. 2月 1st, 2023

FPマネースクール

お金に詳しくなれる!

相続

推定相続人の廃除が認められた場合、廃除された推定相続人に直系卑属である子がいるときは、その子が代襲相続人となりますか?

推定相続人の廃除が認められた場合、廃除された推定相続人に直系…

生前に推定相続人の廃除を行った被相続人は、廃除された推定相続人について、特別な事情のある場合に限って、廃除の取消しを請求することができますか?

生前に推定相続人の廃除を行った被相続人は、廃除された推定相続…

推定相続人の廃除の対象者は、遺留分を有する推定相続人に限られるため、遺留分をすでに放棄した遺留分権利者については、廃除の対象者になりませんか?

推定相続人の廃除の対象者は、遺留分を有する推定相続人に限られ…

相続の放棄をした後においては、その相続の放棄を撤回することはできませんが、強迫や詐欺によって相続の放棄をした場合にも、相続の放棄を取り消すことができますか?

相続の放棄をした後においては、その相続の放棄を撤回することは…

相続の放棄をした者が、被相続人から遺贈により財産を取得するとともに、被相続人に係る債務を負担した場合には、相続税の課税価格の計算上、その負担した債務の額を遺贈により取得した財産の価額から控除することができますか?

相続の放棄をした者が、被相続人から遺贈により財産を取得すると…

相続の放棄をした者が、相続財産の一部を隠匿していたことが明らかになった場合には、原則として単純承認をしたものとみなされますか?

相続の放棄をした者が、相続財産の一部を隠匿していたことが明ら…

相続開始前において遺留分権利者が遺留分の放棄をするためには、家庭裁判所の許可を受ける必要がありますか?

被相続人の相続の開始前において遺留分権利者が遺留分の放棄をす…

遺言者が、遺言書を作成した後に特定遺贈の目的物の一部を譲渡した場合には、その遺贈に係る部分について、遺言の撤回をしたものとされますか?

遺言者が、遺言書を作成した後に特定遺贈の目的物の一部を譲渡し…

特定受遺者が遺贈の放棄をする方式に定めがありますか?他の共同相続人に遺贈の放棄をする旨の意思表示をすれば足りますか?

特定受遺者が遺贈の放棄をする方式に定めがありますか?それとも…

特定受遺者が自己のために寄贈があったことを知った時から3か月以内に、遺贈の承認または放棄をしなかった場合は、原則としてその遺贈を承認したものとみなされ、その後、遺贈の放棄をすることが出来なくなりますか?

特定受遺者が自己のために寄贈があったことを知った時から3か月…

PAGE TOP