「非上場株式等についての贈与税の執行猶予の特例(一般措置)」に関して、本特例の適用対象となる受贈者は、贈与者の親族のみであるため、贈与者の親族以外の者が、非上場株式等の贈与を受けても本特例の適用を受けることができませんか?

「非上場株式等についての贈与税の執行猶予の特例(一般措置)」に関して、本特例の適用対象となる受贈者は、贈与者の親族のみであるため、贈与者の親族以外の者が、非上場株式等の贈与を受けても本特例の適用を受けることができませんか?

「非上場株式等についての贈与税の執行猶予の特例(一般措置)」に関して、本特例の適用対象となる受贈者は、贈与者の親族のみであるため、贈与...

自社株(非上場株式)の株価引下げ対策に関して、会社の規模の区分の判定上、従業員が5人以下の会社は常に小会社に該当するため、新規雇用などによる従業員数の増加をしない限り、中会社や大会社に該当することはありませんか?

自社株(非上場株式)の株価引下げ対策に関して、会社の規模の区分の判定上、従業員が5人以下の会社は常に小会社に該当するため、新規雇用などによる従業員数の増加をしない限り、中会社や大会社に該当することはありませんか?

自社株(非上場株式)の株価引下げ対策に関して、会社の規模の区分の判定上、従業員が5人以下の会社は常に小会社に該当するため、新規雇用など...

自社株(非上場株式)の株価引下げ対策に関して、純資産価額は、所有している土地は路線価等に基づいて評価して計算されるため、実際の売買価格より路線価等による評価額が低い土地を購入すれば、直ちに株価を引き下げることができますか?

自社株(非上場株式)の株価引下げ対策に関して、純資産価額は、所有している土地は路線価等に基づいて評価して計算されるため、実際の売買価格より路線価等による評価額が低い土地を購入すれば、直ちに株価を引き下げることができますか?

自社株(非上場株式)の株価引下げ対策に関して、純資産価額は、所有している土地は路線価等に基づいて評価して計算されるため、実際の売買価格...

自社株(非上場株式)の株価引下げ対策に関して、類似業種比準価額は、非経常項目は除外して利益金額を計算するため、役員退職金の支払いのような非経常的な支払いをしても、類似業種比準価額を引き下げることはできませんか?

自社株(非上場株式)の株価引下げ対策に関して、類似業種比準価額は、非経常項目は除外して利益金額を計算するため、役員退職金の支払いのような非経常的な支払いをしても、類似業種比準価額を引き下げることはできませんか?

自社株(非上場株式)の株価引下げ対策に関して、類似業種比準価額は、非経常項目は除外して利益金額を計算するため、役員退職金の支払いのよう...

自社株(非上場株式)の株価引下げ対策に関して、赤字決算かつ無配当の状況が続いても、多額の利益剰余金が蓄積されている会社の場合、定期的に利益剰余金から配当を実施することにより株価を引き下げることができますか?

自社株(非上場株式)の株価引下げ対策に関して、赤字決算かつ無配当の状況が続いても、多額の利益剰余金が蓄積されている会社の場合、定期的に利益剰余金から配当を実施することにより株価を引き下げることができますか?

自社株(非上場株式)の株価引下げ対策に関して、赤字決算かつ無配当の状況が続いても、多額の利益剰余金が蓄積されている会社の場合、定期的に...

「中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律」における「遺留分に関する民法の特例」に関して、本特例における除外合意または固定合意について、家庭裁判所の許可を受けた後、旧代表者の生存中に後継者が死亡した場合には、その除外合意または固定合意は効力を失いますか?

「中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律」における「遺留分に関する民法の特例」に関して、本特例における除外合意または固定合意について、家庭裁判所の許可を受けた後、旧代表者の生存中に後継者が死亡した場合には、その除外合意または固定合意は効力を失いますか?

「中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律」における「遺留分に関する民法の特例」に関して、本特例における除外合意または固定合意に...

「中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律」における「遺留分に関する民法の特例」に関して、本特例の適用を受けるために必要な経済産業大臣に対する確認の申請と家庭裁判所に対する許可の申立ては、自社株式の贈与を受けた後継者を含め、推定相続人全員で行わなければなりませんか?

「中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律」における「遺留分に関する民法の特例」に関して、本特例の適用を受けるために必要な経済産業大臣に対する確認の申請と家庭裁判所に対する許可の申立ては、自社株式の贈与を受けた後継者を含め、推定相続人全員で行わなければなりませんか?

「中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律」における「遺留分に関する民法の特例」に関して、本特例の適用を受けるために必要な経済産...

「中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律」における「遺留分に関する民法の特例」に関して、本特例の対象となる中小企業者は、除外合意または固定合意の時点において3年以上継続して事業を行っている非上場会社と医療法人に限られ、個人事業主は含まれませんか?

「中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律」における「遺留分に関する民法の特例」に関して、本特例の対象となる中小企業者は、除外合意または固定合意の時点において3年以上継続して事業を行っている非上場会社と医療法人に限られ、個人事業主は含まれませんか?

「中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律」における「遺留分に関する民法の特例」に関して、本特例の対象となる中小企業者は、除外合...

「中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律」における「遺留分に関する民法の特例」に関して、本特例における除外合意または固定合意の適用については、必ずどちらか一方のみを選択しなければならず、贈与を受けた自社株式の一部については除外合意、残りの自社株については固定合意というように、除外合意と固定合意を併用することはできませんか?

「中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律」における「遺留分に関する民法の特例」に関して、本特例における除外合意または固定合意の適用については、必ずどちらか一方のみを選択しなければならず、贈与を受けた自社株式の一部については除外合意、残りの自社株については固定合意というように、除外合意と固定合意を併用することはできませんか?

「中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律」における「遺留分に関する民法の特例」に関して、本特例における除外合意または固定合意の...

譲渡制限株式について、譲渡制限株式の発行会社は、定款で定めることにより、相続により譲渡制限株式を取得した相続人に対して、その相続の開始があったことを知った日から1年以内に限り、その株式を発行会社に売り渡すように請求することができますか?

譲渡制限株式について、譲渡制限株式の発行会社は、定款で定めることにより、相続により譲渡制限株式を取得した相続人に対して、その相続の開始があったことを知った日から1年以内に限り、その株式を発行会社に売り渡すように請求することができますか?

譲渡制限株式について、譲渡制限株式の発行会社は、定款で定めることにより、相続により譲渡制限株式を取得した相続人に対して、その相続の開始...

PAGE TOP