シックハウス症候群を発症した場合、だれが法的責任を負いますか?

シックハウス症候群を発症した場合、だれが法的責任を負いますか?
シックハウス症候群を発症した場合の法的責任としては、施行会社の発注主に対する債務不履行責任、売主の買主に対する瑕疵担保責任だけでなく、規制される化学物質の害を知りながら使用した場合には施行会社や売主に不法行為責任が生じる場合があります。

投稿者プロフィール

吉田 剛
吉田 剛一般社団法人FPマネースクール 代表理事、税理士事務所ファイナンシャルプランナー
担当
ウェブマガジン「マネー入門」及び「実践J-REIT」執筆、FPマネースクールサイトQ&A執筆
資格
2級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)、宅地建物取引士資格者
早大法卒