• 水. 11月 30th, 2022

FPマネースクール

お金に詳しくなれる!

月: 2022年4月

  • ホーム
  • 「非上場株式についての相続税の納税猶予の特例」に関して、本特例の適用を受けた経営承継相続人が、経営承継期間内(相続税の申告書の提出期限の翌日から5年以内)に、株式の一部を売却した場合、納税が猶予されている相続税の一部ではなく全額を納付しなければなりませんか?

「非上場株式についての相続税の納税猶予の特例」に関して、本特例の適用を受けた経営承継相続人が、経営承継期間内(相続税の申告書の提出期限の翌日から5年以内)に、株式の一部を売却した場合、納税が猶予されている相続税の一部ではなく全額を納付しなければなりませんか?

「非上場株式についての相続税の納税猶予の特例」に関して、本特…

「非上場株式についての相続税の納税猶予の特例」に関して、本特例における被相続人(先代経営者)の適用要件はどのような条件ですか?

「非上場株式についての相続税の納税猶予の特例」に関して、本特…

「非上場株式についての相続税の納税猶予の特例」に関して、本特例の適用を受けるためには、会社は、相続開始後何か月以内に、都道府県知事の認定を受けるための申請をしなければなりませんか?

「非上場株式についての相続税の納税猶予の特例」に関して、本特…

評価会社が、通常の配当のほかに記念配当を行った場合においては、自社株の純資産価額を引き下げることができ、類似業種比準価額は変わらないことになりますか?

評価会社が、通常の配当のほかに記念配当を行った場合においては…

オーナー社長が会社を整理して現金化する方法として、株式の譲渡(M&A)と会社の清算とを比較した場合、会社の清算は譲渡所得として課税されるのに対して、株式の譲渡は配当所得として課税されるため、一般的には株式の譲渡のほうが、税負担が軽くなりますか?

オーナー社長が会社を整理して現金化する方法として、株式の譲渡…

株式公開を行うことにより、創業者は一般的に、保有株式の一部を売却することにより多額の現金を獲得することができるため、創業者に相続が開始した場合の納税資金の確保として有効ですか?

株式公開を行うことにより、創業者は一般的に、保有株式の一部を…

株式公開は、社会的信用の増大により低コストでの資金調達が可能となるなどのメリットがある一方で、上場維持コストや投機的取引の対象となりうるリスクがありますか?

株式公開を行うことによって生じる可能性があるメリットとデメリ…

株式公開を行うためには、公開前から監査法人による監査が必要となるなど、長期的計画に基づく準備が必要となりますか?

株式公開を行うためには、公開前から監査法人による監査が必要と…

非上場会社における譲渡制限株式に関して、譲渡制限株式の発行会社が定款の定めに基づき、相続人に対して、相続により取得した譲渡制限株式の売渡請求をした場合、相続人の同意がなくても、会社はその株式を買い取ることができますか?

非上場会社における譲渡制限株式に関して、譲渡制限株式の発行会…

自社株(非上場株式)の株価引下げ対策に関して、類似業種比準価額は、非経常項目は除外して利益金額を計算するため、役員退職金の支払いのような非経常的な支払いをしても、類似業種比準価額を引き下げることはできませんか?

自社株(非上場株式)の株価引下げ対策に関して、類似業種比準価…

PAGE TOP