• 水. 10月 5th, 2022

FPマネースクール

お金に詳しくなれる!

月: 2021年6月

  • ホーム
  • 推定相続人の排除が認められた場合、その排除された推定相続人に直系卑属である子がいるときは、その子は代襲相続人となりますか?

推定相続人の排除が認められた場合、その排除された推定相続人に直系卑属である子がいるときは、その子は代襲相続人となりますか?

遺留分をすでに放棄した遺留分権利者について、排除の対象になりますか?

推定相続人の排除について、遺言書に特定の推定相続人を排除する旨の記載があった場合、その排除の対象となった推定相続人が、家庭裁判所に排除の請求をすることになりますか?

養親と未成年者である普通養子との離縁は、当事者間の協議のみでは行えず、原則として、家庭裁判所の許可を得なければなりませんか?

普通養子は、実親または養親のいずれに相続が開始しても、その相続人になりますか?

普通養子になる者の戸籍には、養子であることが、記載されるため、戸籍を確認することによって、養子縁組の事実を把握することができますか?

普通養子について、普通養子になるものは、養親となる者の尊属または養親となる者よりも年長者であってもよいですか?

遺言者の死亡以前に受遺者が死亡したときは、遺贈の効果は相続人に継承されますか?

個人が死因贈与により取得した財産は、遺贈により取得した財産と同様に、相続税の課税対象となりますか?

負担付遺贈については、受遺者が一定の義務を負担することになるため、遺言者と受遺者が、遺言者の生前にその内容について合意する必要がありますか?

PAGE TOP