• 木. 12月 1st, 2022

FPマネースクール

お金に詳しくなれる!

月: 2021年9月

  • ホーム
  • 任意後見監督人は、家庭裁判所によって選任されますが、任意後見受任者については、委任者本人が任意に選択することができますか?

任意後見監督人は、家庭裁判所によって選任されますが、任意後見受任者については、委任者本人が任意に選択することができますか?

任意後見監督人が選任された後においては、任意後見委任者は公証人の認証を受けた書面によりいつでも任意後見契約を解除することができますか?

任意後見契約においては、任意後見監督人が選任されたときに初めて、その契約内容が登記されることになりますか?

任意後見人の配偶者および直系血族は任意後見監督人となることができませんが、任意後見人の兄弟姉妹が任意後見監督人になることができますか?

家庭裁判所は必要に応じて、成年後見人が任務を怠ったり、不正な行為を行わないように監督するために、成年後見監督人を選任することができますか?

審判を受ける本人以外の者が、後見、保佐及び補助開始の審判の申立てをする場合には、後見については本人の同意は必要ありませんが、保佐及び補助については本人の同意が必要ですか?

法定後見開始の審判の申立てをすることができるのは、原則として、後見開始の審判を受ける本人、本人の配偶者、4親等内の親族または検察官ですが、申立てをする者がいない場合には、市町村長にも認められていますか?

保佐人が被保佐人を代理して被保佐人の居住の用に供する建物またはその敷地を売却するときに、事前に家庭裁判所の許可を得る必要がありますか?

遺留分割協議が成立した後に遺言書が発見され、その遺言による子の認知があった場合には、その子を含めた相続人全員で、遺産分割協議をやり直す必要がありますか?

一部の相続人の遺留分を侵害する内容の遺産分割協議も民法上は有効ですが、その遺留分を侵害した部分の財産についてどのように扱われますか?

PAGE TOP