• 水. 10月 5th, 2022

FPマネースクール

お金に詳しくなれる!

月: 2020年9月

  • ホーム
  • 非上場会社における譲渡制限株式に関して、相続人が相続により取得した譲渡制限株式を発行会社に譲渡した場合にみなし配当課税の特例の適用を受けることができるのは、相続税の申告書の提出期限の翌日から1年以内に譲渡した場合に限られますか?

非上場会社における譲渡制限株式に関して、相続人が相続により取得した譲渡制限株式を発行会社に譲渡した場合にみなし配当課税の特例の適用を受けることができるのは、相続税の申告書の提出期限の翌日から1年以内に譲渡した場合に限られますか?

非上場会社における譲渡制限株式に関して、譲渡制限株式の発行会社は定款で定めることにより、相続により譲渡制限株式を取得した相続人に対して、その相続があったことを知った日から1年以内に限り、その株式を発行会社に売り渡すよう請求することができますか?

「中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律」における「遺留分に関する民法の特例」に関して、本特例の対象となる中小企業者は、個人事業主や医療法人を除く非上場会社であれば、事業を行っている年数は問われませんか?

「中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律」における「遺留分に関する民法の特例」に関して、本特例における固定合意や除外合意を行う場合には、後継者を含めた旧代表者の遺留分を有する推定相続人全員の合意が必要になりますか?

「中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律」における「遺留分に関する民法の特例」に関して、本特例における除外合意とは、後継者が旧代表者から生前贈与を受けた非上場株式等については、その価額を遺留分算定の基礎となる財産の価額に算入せず、遺留分減殺請求の対象から除外することをいいますか?

「中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律」における「遺留分に関する民法の特例」に関して、本特例における固定合意を行う場合には、合意後に株価が下落しても合意された価額により遺留分が算定されるため、後継者は将来の株価下落リスクがないかを十分に検討する必要がありますか?

「非上場株式等についての贈与税の執行猶予の特例(一般措置)」に関して、すでに本特例の適用を受けている受贈者であっても、別の会社の非上場株式等の贈与を受けて本特例の適用を受けることができますか?

「非上場株式等についての贈与税の執行猶予の特例(一般措置)」に関して、本特例の適用を受けるためには、贈与者は、非上場株式等の贈与時までに役員を退任していなければなりませんか?

「非上場株式等についての贈与税の執行猶予の特例(一般措置)」に関して、贈与直前において、贈与者と受贈者が、それぞれ発行済株式総数(議決権に制限のない株式に限る)の2分の1ずつを保有している場合には、受贈者は、贈与者の保有する非上場株式等のすべてを贈与により取得しなければ本特例の適用を受けることはできませんか?

「非上場株式等についての贈与税の執行猶予の特例(一般措置)」に関して、本特例の適用対象となる受贈者は、贈与者の親族のみであるため、贈与者の親族以外の者が、非上場株式等の贈与を受けても本特例の適用を受けることができませんか?

PAGE TOP