包括遺贈または特定遺贈のいずれの場合であっても、遺言者の死亡時に受遺者がすでに死亡しているときは、原則として、遺贈の効果は生じませんか?

包括遺贈または特定遺贈のいずれの場合であっても、遺言者の死亡時に受遺者がすでに死亡しているときは、原則として、遺贈の効果は生じませんか?
遺贈は、遺言者の死亡以前に受遺者が死亡したときは、
その効力を生じません(民法第994条)。
このため遺贈の効果は生じません。

受遺者が遺贈の承認又は放棄をしないで
死亡したときは、
その相続人は、
自己の相続権の範囲内で、
遺贈の承認又は放棄をすることが
できるとされています(民法第988条)。

この規定は包括遺贈及び特定遺贈の
いずれにも適用があります。

Follow me!

PAGE TOP