• 木. 10月 5th, 2023

FPマネースクール

お金に詳しくなれる!

推定相続人の廃除が認められた場合、廃除された推定相続人に直系卑属である子がいるときは、その子が代襲相続人となりますか?

推定相続人の廃除が認められた場合、廃除された推定相続人に直系卑属である子がいるときは、その子が代襲相続人となりますか?

相続人の廃除が確定した場合、廃除の対象となった相続人の直系卑属は、その相続人に代わり相続人となるとされています(民法第887条第2項)。

従って、推定相続人の廃除が認められた場合、廃除された推定相続人に直系卑属である子がいるときは、その子が代襲相続人となります。

見逃していませんか?

PAGE TOP