既存ビルの窓、床、天井および壁などの断熱工事等の省エネルギー改修工事を行った場合は、水道光熱費の削減や賃料の上昇により、工事の効果として、直ちに事業収支が改善しますか?

不動産証券関係の用語について、ノンリコースローンとはどのようなものですか?既存ビルの窓、床、天井および壁などの断熱工事等の省エネルギー改修工事を行った場合は、水道光熱費の削減や賃料の上昇により、工事の効果として、直ちに事業収支が改善しますか?不動産証券関係の用語について、ノンリコースローンとはどのようなものですか?
既存ビルの窓、床、天井および壁などの断熱工事等の省エネルギー改修工事は、水道光熱費の削減や賃料の上昇を伴います。しかし、改修工事費用が多額になり、長期的に事業収支が改善されれることはあっても、直ちに事業収益が改善されるものではありません。

投稿者プロフィール

吉田 剛
吉田 剛一般社団法人FPマネースクール 代表理事、税理士事務所ファイナンシャルプランナー
担当
ウェブマガジン「マネー入門」及び「実践J-REIT」執筆、FPマネースクールサイトQ&A執筆
資格
2級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)、宅地建物取引士資格者
早大法卒