欠格事由に該当した者でも、詐欺または脅迫によって被相続人に遺言書を書かせたために欠格事由に該当した場合を除き、遺贈によって財産を取得することが出来ますか?

欠格事由に該当した者でも、詐欺または脅迫によって被相続人に遺言書を書かせたために欠格事由に該当した場合を除き、遺贈によって財産を取得することが出来ますか?
欠格事由に該当した場合には、遺贈を受けることができないとされています(民法第891条・第965条)。
従って、欠格事由に該当した者は、遺贈によって財産を取得することが出来ません。

Follow me!

投稿者プロフィール

吉田 剛
吉田 剛FPマネースクール 研究部 研究員
担当:マネープラン及び相続の相談、FPマネースクールサイトのQ&A作成
資格:2級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)、宅地建物取引士資格者
早大法卒
PAGE TOP