現在の建築基準法の耐震基準では、どの程度の規模の地震に対し、どの程度の損傷を想定していますか?

現在の建築基準法の耐震基準では、どの程度の規模の地震に対し、どの程度の損傷を想定していますか?
現行の耐震基準では、中規模の地震(震度5強程度)に対しては、ほとんど障害を生じず、極めてまれにしか発生しない大規模の地震(震度6強から震度7程度)に対しても人命に危害を及ぼすような倒壊等の被害を生じさせないことを目安としています。

Follow me!

投稿者プロフィール

吉田 剛
吉田 剛FPマネースクール 研究部 研究員
担当:マネープラン及び相続の相談、FPマネースクールサイトのQ&A作成
資格:2級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)、宅地建物取引士資格者
早大法卒
最新の投稿
PAGE TOP