相続に関する被相続人の遺言書を偽造した推定相続人は、欠格事由に該当し、相続権を失うことになりますか?

相続に関する被相続人の遺言書を偽造した推定相続人は、欠格事由に該当し、相続権を失うことになりますか?
相続人となるべき者が相続に関する被相続人の遺言書の
偽造・変造・破棄・隠匿をした場合には欠格事由に該当し、
その者は当然に相続人になることができないとされています(民法第891条)。
したがって、相続に関する被相続人の遺言書を偽造した
推定相続人は、欠格事由に該当し、相続権を失います。

Follow me!

投稿者プロフィール

吉田 剛
吉田 剛FPマネースクール 研究部 研究員
担当:マネープラン及び相続の相談、FPマネースクールサイトのQ&A作成
資格:2級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)、宅地建物取引士資格者
早大法卒
PAGE TOP