相続の開始前に、子の一人が相続の放棄をすることについて、推定相続人間で合意をしていた場合、その合意に法的な効力がありますか?

相続の開始前に、子の一人が相続の放棄をすることについて、推定相続人間で合意をしていた場合、その合意に法的な効力がありますか?
相続の放棄は、自己のために相続の開始があったことを知った時から
三箇月以内に、家庭裁判所に申述し、それが受理されたことにより
成立するとされています(民法第915条第1項)。

相続開始前に相続の放棄について推定相続人間で合意していても、
その合意について法的な効力はありません。