相続の限定承認とは何ですか?

 相続における限定承認とは何ですか?
 限定承認とは、ブラスの財産(積極財産)の範囲内で、負債・マイナスの財産(消極財産)を支払い、プラスの財産を超える負債を負わないとする相続の承認方法です。

 限定承認をするためには、自己のために相続の開始があったことを知った時から3か月以内に、相続人全員が共同して、家庭裁判所に申述する必要があります。

Follow me!

投稿者プロフィール

吉田 剛
吉田 剛FPマネースクール 研究部 研究員
担当:マネープラン及び相続の相談、FPマネースクールサイトのQ&A作成
資格:2級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)、宅地建物取引士資格者
早大法卒

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

PAGE TOP