• 土. 9月 23rd, 2023

FPマネースクール

お金に詳しくなれる!

相続税の申告書を期限内に提出し、提出期限後に、その申告に係る相続税額に不足額があることが判明した場合には、税務署長による更正があるまでの間は、更正の請求をすることができますか?

相続税の申告書を期限内に提出し、提出期限後に、その申告に係る相続税額に不足額があることが判明した場合には、税務署長による更正があるまでの間は、更正の請求をすることができますか?
納税申告書を提出した者は、その申告書の提出により納付すべきものとして記載した税額に不足額がある場合には、その申告について税務署長による更正があるまでは、その申告に係る税額を修正する修正申告書を税務署長に提出することができるとされています(国税通則法第19条第1項第1号)。

従って、相続税の申告書を期限内に提出し、提出期限後に、その申告に係る相続税額に不足額があることが判明した場合には、税務署長による更正があるまでの間は、更正の請求ではなく修正申告書を提出することができます。

投稿者プロフィール

吉田 剛
吉田 剛一般社団法人FPマネースクール 代表理事、税理士事務所ファイナンシャルプランナー
担当
FPマネースクールサイトQ&A執筆
資格
2級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)、宅地建物取引士資格者
早大法卒
PAGE TOP