自筆証書遺言は家庭裁判所に提出して検認を受けなければならないが、検認とはどのような手続きですか?

自筆証書遺言は家庭裁判所に提出して検認を受けなければならないが、検認とはどのような手続きですか?
検認とは遺言書の偽造・変造を防止するために、遺言書の形式などを調査・確認する手続きです。

遺言書の有効・無効を判断するものではありません。
遺言時の遺言者の遺言能力の有無や、偽造・変造の疑いがある場合には検認後に「遺言無効確認」の調停や訴えを申立て、そこで有効か無効かを判断することになります。

Follow me!

投稿者プロフィール

吉田 剛
吉田 剛FPマネースクール 研究部 研究員
担当:マネープラン及び相続の相談、FPマネースクールサイトのQ&A作成
資格:2級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)、宅地建物取引士資格者
早大法卒
PAGE TOP