自筆証書遺言を撤回するとして、遺言者が故意に遺言書を破棄した場合、遺言は撤回されたことになりますか?

自筆証書遺言を撤回するとして、遺言者が故意に遺言書を破棄した場合、遺言は撤回されたことになりますか?
遺言者は、いつでも、遺言の方式に従って、その遺言の全部または一部を撤回できるとされています(民法第1022条)。

このほか、遺言が撤回されたとみなされる場合は、前の遺言が後ろの遺言の内容と抵触するときのその抵触部分(民法第1023条第1項)、遺言者が故意に自筆証書遺言書を破棄したとき(民法第1024条)等が規定されています。

従って、遺言者が故意に遺言書を破棄した場合、遺言は撤回されたことになります。

Follow me!

投稿者プロフィール

吉田 剛
吉田 剛FPマネースクール 研究部 研究員
担当:マネープラン及び相続の相談、FPマネースクールサイトのQ&A作成
資格:2級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)、宅地建物取引士資格者
早大法卒
PAGE TOP