• 水. 10月 4th, 2023

FPマネースクール

お金に詳しくなれる!

被相続人が生前に個人で事業を営んでいた場合、被相続人はその事業を死亡により廃業することになりますが、この場合、相続人は被相続人に係る「個人事業の開業・廃業等届出書」を提出する必要がありますか?

被相続人が生前に個人で事業を営んでいた場合、被相続人はその事業を死亡により廃業することになりますが、この場合、相続人は被相続人に係る「個人事業の開業・廃業等届出書」を提出する必要がありますか?
被相続人は死亡により、自己の個人事業を廃業することになるので、相続人は被相続人に係る「個人事業の開業・廃業届出書」を提出する必要があるとされています(所得税法第229条)。
従って、被相続人が生前に個人で事業を営んでいた場合、被相続人はその事業を死亡により廃業することになりますが、この場合、相続人は被相続人に係る「個人事業の開業・廃業等届出書」を提出する必要があります。

見逃していませんか?

PAGE TOP