被相続人は、著しく素行が不良であった長男について、生前に推定相続人から廃除していましたが、素行に改善がみられ、「長男について廃除を取り消す」旨の遺言をした場合、遺言書に記載してあっても法的効力を生じないことになりますか?

被相続人は、著しく素行が不良であった長男について、生前に推定相続人から廃除していましたが、素行に改善がみられ、「長男について廃除を取り消す」旨の遺言をした場合、遺言書に記載してあっても法的効力を生じないことになりますか?
推定相続人の廃除および廃除の取消しは、遺言によりすることができるとされています(民法第892条、第893条、第894条)。

従って、被相続人は、著しく素行が不良であった長男について、生前に推定相続人から廃除していましたが、素行に改善がみられ、「長男について廃除を取り消す」旨の遺言をした場合、遺言書は法的効力を生じます。
この場合、遺言執行者が家庭裁判所に申立てをする必要があります。

廃除は被相続人の意思で行われたものなので、その理由を問わず被相続人はいつでも廃除の取消しを申し立てることができます。

Follow me!

投稿者プロフィール

吉田 剛
吉田 剛FPマネースクール 研究部 研究員
担当:マネープラン及び相続の相談、FPマネースクールサイトのQ&A作成
資格:2級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)、宅地建物取引士資格者
早大法卒
PAGE TOP