賃借人が有益費償還請求権を賃貸人に対して行使した場合で、未だにその償還がなされていないときであっても、賃貸借契約終了後は、賃借人は建物の返還を拒否することができませんか?

賃貸人と賃借人との間の事務所の賃貸借契約について、賃借人が有益費償還請求権を賃貸人に対して行使した場合で、未だにその償還がなされていないときであっても、賃貸借契約終了後は、賃借人は建物の返還を拒否することができませんか?

有益費償還請求権は、「その物に関して生じた債権」(民法第295)に当たるとされています。

従って、留置権が認められ、賃借人は償還を受けるまで目的物を留置できます。

投稿者プロフィール

吉田 剛
吉田 剛一般社団法人FPマネースクール 代表理事、税理士事務所ファイナンシャルプランナー
担当
FPマネースクールサイトQ&A執筆
資格
2級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)、宅地建物取引士資格者
早大法卒