配偶者のある者が成年者を養子とするには、原則として配偶者の同意が必要となりますか?

配偶者のある者が成年者を養子とするには、原則として配偶者の同意が必要となりますか?
配偶者のある者が縁組をするには、
その配偶者の同意を得なければならない
とされています。

ただし、配偶者とともに縁組をする場合
又は配偶者がその意思を表示することが
できない場合は、この限りでないとされています。(民法第796条)

成年同士の養子縁組は、
養親側や養子側が夫婦であっても、
夫婦単位ではなく一対一で縁組します。

ただし、配偶者にとっては
もう一方の配偶者が養子縁組することで
相続内容も変わる大きな問題です。

したがって
成年同士の養子縁組は、
養親側や養子側が夫婦であっても、
夫婦単位ではなく一対一で縁組するとは言っても
もう一方の配偶者の同意が必要とされています。

Follow me!

投稿者プロフィール

吉田 剛
吉田 剛FPマネースクール 研究部 研究員
担当:マネープラン及び相続の相談、FPマネースクールサイトのQ&A作成
資格:2級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)、宅地建物取引士資格者
早大法卒
最新の投稿
PAGE TOP