養子となる者が15歳未満であるときは、その法定代理人が、養子となる者に代わって縁組の承諾をすることができますか?

養子となる者が15歳未満であるときは、その法定代理人が、養子となる者に代わって縁組の承諾をすることができますか?
養子となる者が十五歳未満であるときは、その法定代理人が、
これに代わって、縁組の承諾をすることができる。
また、法定代理人が前項の承諾をするには、
養子となる者の父母で
その監護をすべき者であるものが他にあるときは、
その同意を得なければならない。

養子となる者の父母で親権を停止されているものがあるときも、
同様とするとされています(民法第797条第1項・2項)。

したがって、養子となる者が15歳未満であるときは、
法定代理人が、養子となる者に代わって
縁組の承諾をすることができます。

Follow me!

投稿者プロフィール

FP吉田
FP吉田FPマネースクール 研究部 研究員
担当:マネープラン及び相続の相談、FPマネースクールサイトのQ&A作成
資格:2級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)、宅地建物取引士資格者
早大法卒