取引事例比較法について、取引事例に売り急ぎ、買い進み等の特殊な事情がある場合でも、近隣地域内の対象不動産と類似の不動産取引については、特に補正なく採用することができますか?

取引事例比較法について、取引事例に売り急ぎ、買い進み等の特殊な事情がある場合でも、近隣地域内の対象不動産と類似の不動産取引については、特に補正なく採用することができますか?
近隣地域内での取引であっても、売り急ぎ、買い進み等の特殊な事情がある場合には、取引価格が、市場価格とかい離していることが多く、適切な補正ができない場合には、積極的に採用するべきではありません。

Follow me!

投稿者プロフィール

吉田 剛
吉田 剛FPマネースクール 研究部 研究員
担当:マネープラン及び相続の相談、FPマネースクールサイトのQ&A作成
資格:2級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)、宅地建物取引士資格者
早大法卒

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

PAGE TOP