「 任意後見制度 」一覧

軽度の認知症であっても、契約を締結する能力があれば、任意後見契約締結直後に任意後見監督人の選任を受けて任意後見を開始することを条件に、任意後見受任者が選んだ任意後見受任者との間で任意後見契約を締結することができますか?

軽度の認知症であっても、契約を締結する能力があれば、任意後見契約締結直後に任意後見監督人の選任を受けて任意後見を開始することを条件に、任意後見受任者が選んだ任意後見受任者との間で任意後見契約を締結することができますか?

軽度の認知症であっても、契約を締結する能力があれば、任意後見契約締結直後に任意後見監督人の選任を受けて任意後見を開始することを条件に、任意...

民法上の通常の委任契約と任意後見契約を同時に締結した場合、任意後見委任者の判断能力が低下していないときは、民法上の通常の委任契約に基づき任意後見受任者に財産管理等に関する事務処理を委託し、任意後見委任者の判断能力が低下した後は、任意後見契約に基づいてその任意後見受任者が任意後見人になって、その事務処理を引き続き委託することになりますか?

民法上の通常の委任契約と任意後見契約を同時に締結した場合、任意後見委任者の判断能力が低下していないときは、民法上の通常の委任契約に基づき任意後見受任者に財産管理等に関する事務処理を委託し、任意後見委任者の判断能力が低下した後は、任意後見契約に基づいてその任意後見受任者が任意後見人になって、その事務処理を引き続き委託することになりますか?

民法上の通常の委任契約と任意後見契約を同時に締結した場合、任意後見委任者の判断能力が低下していないときは、民法上の通常の委任契約に基づき任...

任意後見契約においては、その契約時に任意後見委任者は、任意後見受任者に対し、将来精神上の障害により判断能力が不十分になった場合に備えて、必ず任意後見委任者の生活、療養看護および財産の保全・管理に関する事務の全部について、代理権を付与しておかなければならないとされていますか?

任意後見契約においては、その契約時に任意後見委任者は、任意後見受任者に対し、将来精神上の障害により判断能力が不十分になった場合に備えて、必ず任意後見委任者の生活、療養看護および財産の保全・管理に関する事務の全部について、代理権を付与しておかなければならないとされていますか?

任意後見契約においては、その契約時に任意後見委任者は、任意後見受任者に対し、将来精神上の障害により判断能力が不十分になった場合に備えて、必...

任意後見人制度とは、身体的能力が著しく低下して日常生活が困難になった場合に備えて、財産管理等の事務を任意後見人に委託する契約を締結しておくものですか?

任意後見人制度とは、身体的能力が著しく低下して日常生活が困難になった場合に備えて、財産管理等の事務を任意後見人に委託する契約を締結しておくものですか?

任意後見人制度とは、身体的能力が著しく低下して日常生活が困難になった場合に備えて、財産管理等の事務を任意後見人に委託する契約を締結しておく...

PAGE TOP