「 相続税の延納 」一覧

相続税の延納期間については、納税者の相続税額の計算の基礎となった財産の合計額のうちに占める不動産等の価額の割合によって、5年を超えて認められることがありますか?

相続税の延納期間については、納税者の相続税額の計算の基礎となった財産の合計額のうちに占める不動産等の価額の割合によって、5年を超えて認められることがありますか?

相続税の延納期間については、納税者の相続税額の計算の基礎となった財産の合計額のうちに占める不動産等の価額の割合によって、5年を超えて認...

相続開始の年に被相続人から贈与を受けたことにより相続税の課税価額に加算された贈与財産のうちに不動産等がある場合、その財産の価額は、相続税の延納に係る延納期間および利子税の割合の計算の基礎となる「相続税のうちの不動産等の価額」に含まれることになりますか?

相続開始の年に被相続人から贈与を受けたことにより相続税の課税価額に加算された贈与財産のうちに不動産等がある場合、その財産の価額は、相続税の延納に係る延納期間および利子税の割合の計算の基礎となる「相続税のうちの不動産等の価額」に含まれることになりますか?

相続開始の年に被相続人から贈与を受けたことにより相続税の課税価額に加算された贈与財産のうちに不動産等がある場合、その財産の価額は、相続...

相続税の延納は納付すべき相続税額が100千円を超えることが要件の一つであり、期限内申告書の提出後その申告に係る修正申告をした場合、この要件を満たしているかの判定は、期限内申告、修正申告、それぞれの納付すべき相続税額について、各別に行いますか?

相続税の延納は納付すべき相続税額が100千円を超えることが要件の一つであり、期限内申告書の提出後その申告に係る修正申告をした場合、この要件を満たしているかの判定は、期限内申告、修正申告、それぞれの納付すべき相続税額について、各別に行いますか?

相続税の延納は納付すべき相続税額が100千円を超えることが要件の一つであり、期限内申告書の提出後その申告に係る修正申告をした場合、この...

相続税の延納の許可を得るためには、原則として担保を提供しなければなりませんが、延納税額が1000千円以下で、かつ、延納期間が3年以下である場合には、担保の提供は不要となりますか?

相続税の延納の許可を得るためには、原則として担保を提供しなければなりませんが、延納税額が1000千円以下で、かつ、延納期間が3年以下である場合には、担保の提供は不要となりますか?

相続税の延納の許可を得るためには、原則として担保を提供しなければなりませんが、延納税額が1000千円以下で、かつ、延納期間が3年以下である...

相続税の延納の担保として提供できる財産は、相続人である延納申請者が相続または遺贈により取得した財産に限られ、他の共同相続人が相続または遺贈により取得した財産は含まれませんか?

相続税の延納の担保として提供できる財産は、相続人である延納申請者が相続または遺贈により取得した財産に限られ、他の共同相続人が相続または遺贈により取得した財産は含まれませんか?

相続税の延納の担保として提供できる財産は、相続人である延納申請者が相続または遺贈により取得した財産に限られ、他の共同相続人が相続または遺贈...

延納申請により提供しようとする担保が、担保として不適格であるために税務署長から担保の変更を求める通知を受けた場合には、その通知を受けた日の翌日から何日以内に変更手続きをしないと、原則として、その延納申請が却下されますか?

延納申請により提供しようとする担保が、担保として不適格であるために税務署長から担保の変更を求める通知を受けた場合には、その通知を受けた日の翌日から何日以内に変更手続きをしないと、原則として、その延納申請が却下されますか?

延納申請により提供しようとする担保が、担保として不適格であるために税務署長から担保の変更を求める通知を受けた場合には、その通知を受けた日の...

PAGE TOP