任意後見監督人が選任される前に任意後見を解除することができるのは、正当な事由がある場合に限られ、家庭裁判所の許可を必要としますか?

任意後見監督人が選任される前に任意後見を解除することができるのは、正当な事由がある場合に限られ、家庭裁判所の許可を必要としますか?
任意後見監督人が選任される前においては、任意後見委任者または任意後見受任者は、いつでも、公証人の認証を受けた書面により、任意後見契約を解除することができます。

任意後見監督人が選任された後は、正当な事由がある場合に限り、家庭裁判所の許可を得て任意後見契約を解除することができます(任意後見契約に関する法律第9条第1項、第2項)。

Follow me!

投稿者プロフィール

吉田 剛
吉田 剛FPマネースクール 研究部 研究員
担当:マネープラン及び相続の相談、FPマネースクールサイトのQ&A作成
資格:2級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)、宅地建物取引士資格者
早大法卒
最新の投稿
PAGE TOP