共同相続人の中に相続の放棄をした者がいる場合、他の相続人で限定承認をすることができますか?

共同相続人の中に相続の放棄をした者がいる場合、他の相続人で限定承認をすることができますか?
相続人が複数いる場合には、
限定承認は
相続人の全員が共同して
行わなければならないとされています
(民法第923条)。

そのため、相続人のうちひとりでも
単純承継した場合には、
他の相続人は
限定承認をすることができません。

相続人のうち
一部の者が相続の放棄をした場合には、
その者は、はじめから
相続人とならなかったものとみなされるので、
他の相続人の全員で
限定承認をすることができます(民法第939条)。

Follow me!