• 水. 2月 1st, 2023

FPマネースクール

お金に詳しくなれる!

廃除の対象者は、遺留分を有する推定相続人に限られるため、遺留分を有しない推定相続人は廃除の対象となりませんか?

廃除の対象者は、遺留分を有する推定相続人に限られるため、遺留分を有しない推定相続人は廃除の対象となりませんか?

廃除の対象になる者は、遺留分を有する推定相続人に限られます。

よって、推定相続人のなかでも兄弟姉妹は、遺留分を有しないため廃除の対象となりません。
また、適法に遺留分を放棄した相続人についても廃除の対象とならないとされています。

吉田 剛

担当 FPマネースクールサイトQ&A執筆 資格 2級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)、宅地建物取引士資格者 早大法卒

PAGE TOP