相続の放棄をした者が、相続財産の一部を隠匿していたことが明らかになった場合には、原則として単純承認をしたものとみなされますか?

相続の放棄をした者が、相続財産の一部を隠匿していたことが明らかになった場合には、原則として単純承認をしたものとみなされますか?
相続人が相続の放棄をした後でも、相続財産の全部または一部を隠匿し、私に消費し、または悪意でこれを相続財産の目録中に記載しなかったときは、原則として単純承認したものとみなされています(民法921条)。
従って、相続の放棄をした者が、相続財産の一部を隠匿していたことが明らかになった場合には、原則として単純承認をしたものとみなされます。

Follow me!

投稿者プロフィール

吉田 剛
吉田 剛FPマネースクール 研究部 研究員
担当:マネープラン及び相続の相談、FPマネースクールサイトのQ&A作成
資格:2級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)、宅地建物取引士資格者
早大法卒
PAGE TOP