相続税の修正申告により納付すべき相続税額が100千円を超えていても、その相続税について延納は認められていませんか?

相続税の修正申告により納付すべき相続税額が100千円を超えていても、その相続税について延納は認められていませんか?
延納は納付すべき相続税額が100千円を超える場合に、一定の条件で認められています(相続税法第38条)。

この場合の相続税額が100千円を超えるかどうかは、期限内申告書、期限後申告書または修正申告書により申告された相続税額もしくは更正または決定により納付すべき相続税額のそれぞれについて各別に判定されるとされています(相続税法基本通達38-1)。

Follow me!

投稿者プロフィール

吉田 剛
吉田 剛FPマネースクール 研究部 研究員
担当:マネープラン及び相続の相談、FPマネースクールサイトのQ&A作成
資格:2級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)、宅地建物取引士資格者
早大法卒
最新の投稿
PAGE TOP