被相続人に係る所得税の準確定申告書の提出により還付される金額がある場合、その還付金相当額は、その被相続人に係る相続税の課税対象となりますか?

被相続人に係る所得税の準確定申告書の提出により還付される金額がある場合、その還付金相当額は、その被相続人に係る相続税の課税対象となりますか?
還付請求権は、被相続人の生前中に潜在的な請求権が被相続人に帰属しており、これが被相続人の死亡により顕在化したものです。
従って、これらの請求権に基づいて還付金を請求した場合は相続税の課税対象になります。

従って、被相続人に係る所得税の準確定申告書の提出により還付される金額がある場合、その還付金相当額は、その被相続人に係る相続税の課税対象となります

Follow me!

投稿者プロフィール

吉田 剛
吉田 剛FPマネースクール 研究部 研究員
担当:マネープラン及び相続の相談、FPマネースクールサイトのQ&A作成
資格:2級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)、宅地建物取引士資格者
早大法卒
PAGE TOP