相続税において、制限納税義務者が取得した国外財産は物納することができませんが、非居住無制限納税義務者が取得した国外財産は物納に充てることができますか?

相続税において、制限納税義務者が取得した国外財産は物納することができませんが、非居住無制限納税義務者が取得した国外財産は物納に充てることができますか?

非居住無制限納税義務者や制限納税義務者であっても物納を行うことができるとされています。

ただし、物納に充てることができる財産は、相続または遺贈により取得した財産のうち国内に所存するもののみとされています(相続税法第41条第2項)。

従って、相続税において、制限納税義務者が取得した国外財産は物納することができませんし、非居住無制限納税義務者が取得した国外財産についても物納に充てることはできません。

Follow me!

投稿者プロフィール

吉田 剛
吉田 剛FPマネースクール 研究部 研究員
担当:マネープラン及び相続の相談、FPマネースクールサイトのQ&A作成
資格:2級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)、宅地建物取引士資格者
早大法卒
最新の投稿
PAGE TOP