株式公開をすると、創業者は一般的に、保有株式の一部を売却することにより多額の現金を獲得することができるため、創業者に相続が開始した場合の納税資金の確保としては有効ですか?

株式公開をすると、創業者は一般的に、保有株式の一部を売却することにより多額の現金を獲得することができるため、創業者に相続が開始した場合の納税資金の確保としては有効ですか?

株式公開に伴い創業者は一般的に、保有する自社株の一部を放出することにより、ある程度まとまった資金を獲得することができるため、自身に相続が開始した場合の納税資金の確保手段として有効です。

Follow me!

投稿者プロフィール

吉田 剛
吉田 剛FPマネースクール 研究部 研究員
担当:マネープラン及び相続の相談、FPマネースクールサイトのQ&A作成
資格:2級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)、宅地建物取引士資格者
早大法卒

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

PAGE TOP