オーナー社長が会社を整理して現金化する方法として、株式の譲渡(M&A)と会社の清算とを比較した場合、会社の清算は譲渡所得として課税されるのに対して、株式の譲渡は配当所得として課税されるため、一般的には株式の譲渡のほうが、税負担が軽くなりますか?

オーナー社長が会社を整理して現金化する方法として、株式の譲渡(M&A)と会社の清算とを比較した場合、会社の清算は譲渡所得として課税されるのに対して、株式の譲渡は配当所得として課税されるため、一般的には株式の譲渡のほうが、税負担が軽くなりますか?

会社の整理を考えるうえでは、清算とM&Aによる方法があります。

会社の清算とは、資金の全部を換金処分して債務を返済し、残余財産を株主に分配して会社を消滅させることをいいます。

この場合、会社には法人税が、株主には配当所得に対して、所得税、住民税が累進税率により課税されることになります。

M&Aによる株式の売却の場合には、経営者には譲渡所得に対して分離課税で所得税、住民税定率で課されることになり、M&Aによる手法の方が清算による手法に比べて税負担は一般的には軽くなります。

Follow me!

投稿者プロフィール

吉田 剛
吉田 剛FPマネースクール 研究部 研究員
担当:マネープラン及び相続の相談、FPマネースクールサイトのQ&A作成
資格:2級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)、宅地建物取引士資格者
早大法卒

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

PAGE TOP