「 自社株(非上場株式)の株価引下げ対策 」一覧

自社株(非上場株式)の株価引下げ対策に関して、会社の規模の区分の判定上、従業員が5人以下の会社は常に小会社に該当するため、新規雇用などによる従業員数の増加をしない限り、中会社や大会社に該当することはありませんか?

自社株(非上場株式)の株価引下げ対策に関して、会社の規模の区分の判定上、従業員が5人以下の会社は常に小会社に該当するため、新規雇用などによる従業員数の増加をしない限り、中会社や大会社に該当することはありませんか?

自社株(非上場株式)の株価引下げ対策に関して、会社の規模の区分の判定上、従業員が5人以下の会社は常に小会社に該当するため、新規雇用など...

自社株(非上場株式)の株価引下げ対策に関して、純資産価額は、所有している土地は路線価等に基づいて評価して計算されるため、実際の売買価格より路線価等による評価額が低い土地を購入すれば、直ちに株価を引き下げることができますか?

自社株(非上場株式)の株価引下げ対策に関して、純資産価額は、所有している土地は路線価等に基づいて評価して計算されるため、実際の売買価格より路線価等による評価額が低い土地を購入すれば、直ちに株価を引き下げることができますか?

自社株(非上場株式)の株価引下げ対策に関して、純資産価額は、所有している土地は路線価等に基づいて評価して計算されるため、実際の売買価格...

自社株(非上場株式)の株価引下げ対策に関して、類似業種比準価額は、非経常項目は除外して利益金額を計算するため、役員退職金の支払いのような非経常的な支払いをしても、類似業種比準価額を引き下げることはできませんか?

自社株(非上場株式)の株価引下げ対策に関して、類似業種比準価額は、非経常項目は除外して利益金額を計算するため、役員退職金の支払いのような非経常的な支払いをしても、類似業種比準価額を引き下げることはできませんか?

自社株(非上場株式)の株価引下げ対策に関して、類似業種比準価額は、非経常項目は除外して利益金額を計算するため、役員退職金の支払いのよう...

自社株(非上場株式)の株価引下げ対策に関して、赤字決算かつ無配当の状況が続いても、多額の利益剰余金が蓄積されている会社の場合、定期的に利益剰余金から配当を実施することにより株価を引き下げることができますか?

自社株(非上場株式)の株価引下げ対策に関して、赤字決算かつ無配当の状況が続いても、多額の利益剰余金が蓄積されている会社の場合、定期的に利益剰余金から配当を実施することにより株価を引き下げることができますか?

自社株(非上場株式)の株価引下げ対策に関して、赤字決算かつ無配当の状況が続いても、多額の利益剰余金が蓄積されている会社の場合、定期的に...

自社株の株価引下げ対策に関して、オーナー社長の退任に伴い損金算入できる範囲内で役員退職金を支払った場合、自社株の類似業種比準価額および純資産価額を引き下げることができますか?

自社株の株価引下げ対策に関して、オーナー社長の退任に伴い損金算入できる範囲内で役員退職金を支払った場合、自社株の類似業種比準価額および純資産価額を引き下げることができますか?

自社株の株価引下げ対策に関して、オーナー社長の退任に伴い損金算入できる範囲内で役員退職金を支払った場合、自社株の類似業種比準価額および...

自社株の株価引下げ対策に関して、所有する不良在庫を適切に廃棄した場合、利益金額が減少するため、自社株の類似業種比準価額および純資産価額を引き下げることができますか?

自社株の株価引下げ対策に関して、所有する不良在庫を適切に廃棄した場合、利益金額が減少するため、自社株の類似業種比準価額および純資産価額を引き下げることができますか?

自社株の株価引下げ対策に関して、所有する不良在庫を適切に廃棄した場合、利益金額が減少するため、自社株の類似業種比準価額および純資産価額...

自社株の株価引下げ対策に関して、法人税法上損金算入できる範囲内で貸倒引当金を繰り入れれば、利益金額が減少するため、自社株の類似業種比準価額および純資産価額を引き下げることができますか?

自社株の株価引下げ対策に関して、法人税法上損金算入できる範囲内で貸倒引当金を繰り入れれば、利益金額が減少するため、自社株の類似業種比準価額および純資産価額を引き下げることができますか?

自社株の株価引下げ対策に関して、法人税法上損金算入できる範囲内で貸倒引当金を繰り入れれば、利益金額が減少するため、自社株の類似業種比準...

自社株の株価引下げ対策に関して、法人税法上、支払保険料の全額を損金に算入できる定期保険に加入した場合、その保険に加入しなかった場合と比較して、自社株の類似業種比準価額および純資産価額を引き下げることができますか?

自社株の株価引下げ対策に関して、法人税法上、支払保険料の全額を損金に算入できる定期保険に加入した場合、その保険に加入しなかった場合と比較して、自社株の類似業種比準価額および純資産価額を引き下げることができますか?

自社株の株価引下げ対策に関して、法人税法上、支払保険料の全額を損金に算入できる定期保険に加入した場合、その保険に加入しなかった場合と比...

自社株(非上場株式)の株価引下げ対策に関して、純資産価額の計算において、評価会社が保有する土地は路線価等に基づいて評価して計算されるため、実際の売買価格より路線価等による評価額が低い土地を購入すれば、直ちに純資産価額を引き下げることができますか?

自社株(非上場株式)の株価引下げ対策に関して、純資産価額の計算において、評価会社が保有する土地は路線価等に基づいて評価して計算されるため、実際の売買価格より路線価等による評価額が低い土地を購入すれば、直ちに純資産価額を引き下げることができますか?

自社株(非上場株式)の株価引下げ対策に関して、純資産価額の計算において、評価会社が保有する土地は路線価等に基づいて評価して計算されるた...

自社株(非上場株式)の株価引下げ対策に関して、法人税法上、保険料支払時にその全額を損金算入できる定期保険に加入した場合、その保険に加入しなかった場合に比べ、純資産価額を引き下げることができますが、類似業種比準価額は変わらないことになりますか?

自社株(非上場株式)の株価引下げ対策に関して、法人税法上、保険料支払時にその全額を損金算入できる定期保険に加入した場合、その保険に加入しなかった場合に比べ、純資産価額を引き下げることができますが、類似業種比準価額は変わらないことになりますか?

自社株(非上場株式)の株価引下げ対策に関して、法人税法上、保険料支払時にその全額を損金算入できる定期保険に加入した場合、その保険に加入...

PAGE TOP