• 水. 11月 30th, 2022

FPマネースクール

お金に詳しくなれる!

審判を受ける本人以外の者が、後見、保佐及び補助開始の審判の申立てをする場合には、後見については本人の同意は必要ありませんが、保佐及び補助については本人の同意が必要ですか?

審判を受ける本人以外の者が、後見、保佐及び補助開始の審判の申立てをする場合には、後見については本人の同意は必要ありませんが、保佐及び補助については本人の同意が必要ですか?

本人以外の者の請求により補助開始の審判を開始するには、本人の同意がなければならないとされています(民法第15条第2項)。
後見及び保佐開始の申立てには本人の同意が必要ありません。

従って、審判を受ける本人以外の者が、後見、保佐及び補助開始の審判の申立てをする場合には、保佐については本人の同意が必要なく、補助については本人の同意が必要となります。

吉田 剛

担当 FPマネースクールサイトQ&A執筆 資格 2級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)、宅地建物取引士資格者 早大法卒

PAGE TOP