抵当権によって担保される債権の利息は、ほかに債権者がいないとき、満期の到来した最後の2年分に限られますか?

抵当権によって担保される債権の利息は、ほかに債権者がいないとき、満期の到来した最後の2年分に限られますか?
抵当権者が、利息その他の定期金を請求する権利を有するときは、満期になる最後の2年分についてのみ抵当権を行使できるのが原則ですが、ほかの債権者がいない場合、最後の2年分だけでなく、それ以前の定期金についても抵当権を行使可能です。

Follow me!